第19回「細胞と分子の織りなす知能発達:脳の形成・発達研究でわかったこと」

教育実践学フォーラム~学校教育の諸問題と可能性を求めて~
2009年度メインテーマ「教育 - 脳科学からのアプローチ-」

フォーラムの趣旨

 
 教育実践学フォーラムも今年で6年目です。この3年間,教育実践学を真正面から取り上げたテーマが続いています。今年度は少し視点を変えて,他の領域から教育実践を眺めてみたいと思います。最近しばしば話題になり,研究も盛んになってきている脳科学に焦点を当てます。この新たな学問領域で活躍されている先生方に,「教育-脳科学からのアプローチ-」と題して,お話しいただきます。

連合学校教育学研究科研究主幹・松村 京子

  

第19回「細胞と分子の織りなす知能発達:脳の形成・発達研究でわかったこと」

 ・ゲストスピーカー 佐藤 真 福井大学生命科学複合研究教育センター長・同大学医学部教授

(概要)
 「イチローやタイガーウッズは教育の賜物」なのだろうか?第二のイチローやタイガーウッズを生むことができるのであろうか?「子どもの能力をいかに伸ばすか」が国の将来をも左右すると言われ,「学力」や「能力開発」がマスコミの話題となることも多い。ヒトをヒトたらしめているのが脳であり,「脳の仕組みとその発達を科学する」ことは,大仰に言えば人間のあり方そのものの理解につながる重要な営みとも思える。ただし,残念ながら「脳発達に関する脳科学」はいまだ発展途上である。分子や細胞レベルでの仕組みと実際の「脳形成・機能発達」がどのように結びつくか,研究の現場で「わかったこと」「わかりつつあること」を述べ,科学的な目で脳とその機能発達の仕組みを考えてみたいと思う。

パンフレット

申込方法

「フォーラム申込み」と標題を付けて,次の事項を記入の上,Eメール又はFAXでお申込み下さい。

申込先・問合せ先

兵庫教育大学・連合大学院事務室
e-mail: office-rendai-r@hyogo-u.ac.jp
tel: 0795-44-2068
fax: 0795-44-2269

※申込者数が定員に達した段階で,申込み受付を終了いたします。

共催

メニュー


大学院教育改革支援プログラムについてのパンフレットを制作しました。PDF形式にて配布中です。


バナーを作りました