大学院GP「学校教育実践学研究者・指導者の育成」 特別セミナー
「社会系教科目の授業実践における学習材の機能と活用」

1.趣旨

 共同研究プロジェクトIでは,これまで,子どもの社会認識と教師の学習指導を支援する学習材の開発に取り組んできた。今回は,大学院GP「学校教育実践学研究者・指導者の育成」の事業として,また,プロジェクトの中間報告として,「学習材の機能と活用」を主題に特別セミナーを開催する。
 大阪でのセミナーでは,両提案者に,ご自身が理想とする歴史授業の一部を再現(模擬授業)しながら,本セミナーのテーマに係わってご提案をいただく。また両提案の比較検討を踏まえて,歴史教育の目的と指導法をめぐって意見交換を行いたい。
 東京でのセミナーでは,英国における歴史教育実践について講演いただき,英国における歴史教育の動向に関する論点を整理したい。

2.招へい者

3.日時・構成等

 日時:平成21年12月23日(水) 13:30~17:00
  於:キャンパス・イノベーションセンター大阪 4F 多目的スペース3
  (構成)
    進行 桑 原 敏 典(岡山大学)
   13:30~13:45 主催者挨拶 プロジェクト代表 西村 公孝(鳴門教育大学)
   13:45~16:55  セミナー   〔司会 草原 和博(広島大学)〕
          提案1 「歴史授業におけるエビデンスと解釈」 通訳付き
                Dr. David Wilkinson(Raine’s Foundation School)
          提案2 「歴史授業における時代解釈の形成」
               石川 照子(兵庫県立西宮高等学校)
          協 議 「歴史授業における学習材の機能と活用」
               指定討論者 梅津 正美(鳴門教育大学)
   16:55~17:00  閉会挨拶  岩田 一彦(兵庫教育大学)

 

 日時:平成21年12月26日(土) 13:00~15:30
  於:キャンパス・イノベーションセンター東京 2F 多目的室2

    13:00~14:30  講演 Dr. David Wilkinson(Raine’s Foundation School) 通訳付き
    14:40~15:30  質疑応答

4.対象

 大学教員(研究者),学生,及び小中高の学校教員等,本セミナーに関心のある方

5.その他

    ⅰ)講演の参加に際しては申込みは不要です。

  ⅱ)本件に関する問い合わせは,下記までお願いします。
       兵庫教育大学 連合大学院事務室
      TEL: 0795-44-2068   FAX: 0795-44-2269
      E-Mail:office-rendai-r@hyogo-u.ac.jp

メニュー


大学院教育改革支援プログラムについてのパンフレットを制作しました。PDF形式にて配布中です。


バナーを作りました