2009年度「教育-脳科学からのアプローチ-」

フォーラムの趣旨

 教育実践学フォーラムも今年で6年目です。この3年間,教育実践学を真正面から取り上げたテーマが続いています。今年度は少し視点を変えて,他の領域から教育実践を眺めてみたいと思います。最近しばしば話題になり,研究も盛んになってきている脳科学に焦点を当てます。この新たな学問領域で活躍されている先生方に,「教育-脳科学からのアプローチ-」と題して,お話しいただきます。

連合学校教育学研究科研究主幹 松村 京子

第17回 脳の発達と可塑性
(大学院教育改革支援プログラム)

第18回 学習意欲と疲労・睡眠を含む生活習慣のコホートと脳科学研究
(大学院教育改革支援プログラム)

第19回 細胞と分子の織りなす知能発達:脳の形成・発達研究でわかったこと
(大学院教育改革支援プログラム)