シンポジウム > パネリスト等の紹介

カール・ノイマン | ヨウニ・ヴァリヤルヴィ | トーマス・E・バロン | 鍾啓泉 | 梶田叡一 | 岩田一彦

トーマス・E・バロン Thomas E. Barone
アメリカ アリゾナ州立大学 教育学部教育政策・教育課程学科教授

Site: http://coe.asu.edu/elps/faculty/barone.php

 スタンフォード大学大学院博士課程修了。(Ed.D 博士論文「教室経験の探求=質的ホリスティックアプローチを通して」)北ケンタッキー大学教育学部初等中等教育学科長、ブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ)客員教授、アルバータ大学(カナダ)客員教授他を歴任し、現職。米国カリキュラム研究振興学会(AAACS)副会長、全米教育調査研究学会(AERA)学会賞選考委員長他を勤める教育カリキュラム研究の第一人者。

専門: カリキュラム研究、教育調査、教師教育

  • Touching Eternity: The Enduring Outcomes of Teaching. New York: Teachers College Press,2001
  • Aesthetics, Politics, and Educational Inquiry: Essays and Examples. New York: Peter Lang Publishing,2000
  • Making educational history: Qualitative inquiry, artistry, and the public interest. In Gloria Ladson-Billings and William F. Tate, editors, Education Research in the Public Interest: The Place for Advocacy in theAcademy. New York: Teachers College Press, 2006, pp. 347-376.
  • Arts-based educational research. In Handbook of Complementary Methods in Education Research, Judith Green, Gregory Camilli, and Patricia Elmore, editors. New York: Lawrence Erlbaum Associates,2006, pp. 93-107.

招聘責任者: 福本謹一 教授