シンポジウム > パネリスト等の紹介

カール・ノイマン | ヨウニ・ヴァリヤルヴィ | トーマス・E・バロン | 鍾啓泉 | 梶田叡一 | 岩田一彦

岩田一彦 いわたかずひこ
兵庫教育大学大学院 連合学校教育学研究科長

Site: http://www.office.hyogo-u.ac.jp/jgs/information/message.html

 広島大学大学院教育学研究科修士課程を修了。福井大学助教授教育学部、兵庫教育大学学校教育学部 教授、兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科長、現在に至る。文部科学省中央教育審議会専門委員、財団法人福井県大学等学術振興基金審査委員長を務める。近年は、社会科授業の科学化に向けて,社会科授業設計論・分析論・評価論の研究を進めているほか,地理教育に関してイギリスの理論・実践の研究も行っている。学生,院生指導に際しては,自ら問題を発見し,興味と関心を持って研究を進めるように支援している。

専門: 社会科教育学(地理教育論,社会科授業論)

  • 『“エネルギー問題”をめぐる論点・争点と授業づくり』(編著),明治図書,平成 17 年2月,総頁数229.
  • 『小・中学校の教科書の読みやすさ・わかりやすさに関する調査研究 最終報告書社会科』(共著),財団法人教科書研究センター,平成16 年2月,総頁数279.
  • 『21 世紀の地理教育―新しい地理教育』(共著),朝倉書店,平成15 年11 月,総頁数183,“第1 章 地理教育のあゆみ”,pp.1-25 執筆
  • 社会科固有の学びを育てる授業構成と実践分析(Ⅲ),(共著),「学校教育学研究」,15 巻,平成15 年3 月,pp.69-80.
  • 『社会科教育のニュー・パースペクティブ』(共著),明治図書,平成14 年3 月,総頁数318 頁,“21 世紀社会科の実践課題”,pp.24-32 執筆
  • 『社会科固有の授業理論30 の提言』(単著),明治図書,平成13 年10 月,総頁数 171.
  • 『社会科教育学研究ハンドブック』(共著),明治図書,平成13 年10 月,総頁数423,“わが国の社会科に基づいた学習指導研究”,pp.88-97 執筆
  • 社会科地理における基礎・基本構成の理論と実際,(単著),「新地理」,第47 巻3・ 4号,平成12 年3 月,pp.54-63.