シンポジウム > パネリスト等の紹介

カール・ノイマン | ヨウニ・ヴァリヤルヴィ | トーマス・E・バロン | 鍾啓泉 | 梶田叡一 | 岩田一彦

 

ヨウニ・ヴァリヤルヴィ Jouni Valijarvi
フィンランド ユヴァスキュラ大学 教育研究所教授・所長

Site: http://ktl.jyu.fi/ktl/hallinto/jouni/

 ユヴァスキュラ大学大学院博士課程修了。(Ph.D博士論文「フィンランド高等学校ににおけるモジュラー・カリキュラム」) フィンランド教育審議会委員長、教師教育及び教師の専門性向上に関する全国規模のプロジェクト委員長など要職を経て、現在、国際教育到達度評価学会(IEA)フィンランド代表及びPISA国家プロジェクト調査実施責任者、フィンランド文部省教師教育・教員養成評価専門部会委員他、国際的にも各種学術研究グループのメンバーとして活躍。

専門: カリキュラム研究、教育調査、教師教育

  • Why are Finnish students doing so well in PISA? (with Linnakyla and V.Brunell) Erziehung und Unterricht, 2003.
  • Implications of the Modular Curriculum in the Secondary School in Finland.In J. van den Akker, W. Kuiper and U. Hameyer (eds.) Curriculum Landscapes and Trends. Dordrecht: Kluwer, 2004
  • The System and How Does It Work: Some Currucular and Padagogical Characteristics of the Finnish Comprehensive School. Education Journal.2004.
  • Secrets to Literacy Success: The Finnish Story. Education Canada, 2005 他

招聘責任者: 岩田一彦 教授